現状、悩みをお聞きし、メッセージをお伝えいたします。
こんな方におすすめです。

今の状況を変えたい
夢を叶えたい
人間関係を修復させたい
自分の天職を知りたい

ほか...家族、仕事、子育て、恋愛などで迷われている方etc…。

大きな人生の流れ、タイミングなども知ることができます。
本気で変わりたい人へ届けたい
貴方が自分の人生を創っていくことを

[マヤ暦][手相][易占][数秘][タロットカード]
5つのツールを用いて総合的により深く鑑定いたします。
あなたの幸せな人生のためのサポートをいたします。

個人鑑定コース

対面鑑定

¥6,000/60分
¥9,000/90分
  • 要予約、延長可
  • 場所:札幌テレビ塔地下1階 宮の森珈琲
    ※出張も応相談
  • お支払い:ゆうちょ、銀行振込
     PayPal決済
    ※当日鑑定後支払い可能。

Web鑑定(PC、スマホ)
Zoom、Line

¥6,000/60分
¥9,000/90分
  • お支払い:ゆうちょ、銀行振込
     PayPal決済

メール鑑定

¥8,000
  • お支払い:ゆうちょ、銀行振込
     PayPal決済
個人鑑定のお申込みはこちら

各鑑定の流れ/お支払いについて

通信(web動画、電話)LINE/Zoom
対面鑑定
お申し込み

メールにて鑑定日打ち合わせ

お振込・決済確認でお申し込み確定

指定日に鑑定
メール鑑定
お申し込み

メールにて鑑定書送付日の案内

お振込・決済確認でお申し込み確定

指定日に配信

※お振込についての注意事項
・お申し込み頂いてから振込先をお伝えしております。
・お申し込み後のキャンセル・ご返金は承っておりません。ご了承くださいませ。
・日にちの変更はOKです。ご連絡ください。
・振込明細を領収書として保管お願い致します。
・振込手数料はご負担下さいませ。

個人鑑定のお申込みはこちら
▲ページのTOP

手相

手相は4000年~5000年まえのインドの北部地方で誕生しました。
4大文明発祥の地でもあり、当時は数学や哲学や天文学が盛んでした。
インドで発祥した手相が中東を経て、19世紀には近代手相の中心となるヨーロッパへ、日本には、平安時代に中国に留学した学生や僧侶によって、中国手相(丘の発達具合、色つやで観る)が伝わりました。
大正時代には手の形、大きさ、指の長さ、線で観る西洋手相も入ってきました。
現代の日本の手相は、ほとんどが西洋手相が中心です。

手のひらの宇宙

手相の中に宇宙との因果関係を観ることができます。
私たちが住む太陽系の恒星は、地球の中に存在している生命体と同じ原子、素粒子で形成されています。マクロの宇宙とに連動するミクロの小宇宙人間、私たち。
何らかの見えない力が働き、密接に影響し、相互的に作用しあっていると考えられます。
宇宙のリズムに連動して、脳を通じて受け取ったものは、身体の一部である「手」に表われ、線などに刻まれたメッセージとして読み取ることができます。
手のひらの丘に、火星丘、月丘、金星丘など、各惑星の名称がつけられているのも、その考えを表したものといえます。

手相を人生に活かす

手相は自分自身を知る学問。自分自身の将来、可能性を知る学問と言えます。
手相にはその人の過去、現在のが履歴が出ています。
(哲学者カント 「手は外に表われた脳髄である」)
手相を通して自分の性格、長所、短所を知ることができます。
秀でたところ、特別な才能、天賦を知ることで、あなたらしく活躍できる分野を、きっと教えてくれるでしょう。
一般的な幸せの価値観にとらわれず、自分らしく生きるために、幸せになるために、処世術の一つとして手相を活かし、実践してみてください。
他人の手相を観るときは、決して傷つけるようなことや、生死に関することは言わない。
その人がより良い人生になるよう、勇気づけ、希望を与えてください。

▲ページのTOP

マヤ暦

「マヤ暦」は古代マヤ人によってつくられたカレンダーです。
基となるマヤ文明は メキシコ、グアテマラ ユカタン半島を含む中央アメリカで発祥し、紀元前1,000年から16世紀までつづいた文明です。

マヤの人は天文学、数学に天才的に長け、あの時代に天体の動きから正確な暦を創っていました。
マヤの暦は「金星暦」「太陰暦」「長期暦」など用途に合わせた暦が約10種類以上ほどありました。

日常的には農耕に特化した1年を18ヵ月+5の365日で考える「ハアブ」と13日×20日=260日周期の「神聖暦(ツォルキン)」を使用していました。

ハアブとツォルキンを組み合わせて1周期を1万8980日(約52年)とする暦は、今も祭儀に使用されています。

それらの暦の総称を「マヤ暦」といいますが、今、私たちが用いているのが、その中の一つ、「神聖暦(ツォルキン)」と呼ばれる、260日(13×20)周期とする暦です。

「神聖暦(ツォルキン)」は、古代ではその日のエネルギーを読み解く暦として神官によって神事、儀式や予言のときに用いられていました。
13の銀河の音(数字)×20の紋章(守護神)=260
マヤの人は時間をただ一方向に機械的に流れていくものではなく、1つ1つの異なったエネルギーと捉えていました。
1日をKIN という言葉を使っていました。
1日1日に「意味」や「エネルギー」があり、なすべきことも定められています。
皆さん一人一人に生まれた日のKINナンバーがあります。
私たちは生れた日のエネルギーを思いっきり吸い込み、誕生し、存在しているのです。

★カウンセリングを行う時、「神聖暦(ツォルキン)」を用います。
生年月日をもとにその日のKIN番号を割り出します。
その番号によって、1~20の太陽の紋章(顕在意識)とウエイブスペル(潜在意識)、1~13の「銀河の音」が判明し、その組み合わせで 才能、素質、使命などを観ていきます。

・「本当の自分」を知り、「本来の役割」に向かうことが出来ます。
・自分の人生の流れがわかり、その年の過ごし方、心構えを知ることができます。
・周りの人、家族、様々な人の性格や考え方を知ることもでき、接し方もわかります。
その人と、自分との関係性を知ることができ、納得がいきます。

ぜひ、あなたも古代の叡智「マヤ暦」にふれてみてください。
きっとそこに「感動」と「喜び」が待っているでしょう。

マヤ暦は吉凶を占うものではありません。
自分がもともと持っている本質を知り、よりよい生き方をしていくためのものです。
自分を知り、相手を知ることで周りの人、現状を受け入れるることができ、心が楽になります。

全て必要なことは自分の中にあります。
「気づき」とともに環境が良い方へ劇的に変化します。

マヤの人は天空の動きとを観て、地上に起こる現象の一定の法則を見出していました。
宇宙の真理、自然の法則が分かる。

意識的に過ごすことで自然と調和してリズムが整い、流れまで変わってきます。

▲ページのTOP

易(えき)は、「天・沢・火・雷・風・水・山・地」という陰陽の8つシンボル(八卦)を使った古代中国で誕生した陰陽の学問です。
易の成立は遥か昔、著者については、あまりに発祥が古いため誰が最初を記し、また誰がその後の解釈書を記したかもさだかではありませんが、『漢書芸文志』に易の作者について、「人は三聖を更え世は三古を歴たり」とあります。
三聖とは、伏羲、文王、孔子のことで、伏羲は古代の伝説上、神、賢人と崇められる人物です。
この伏羲が陰陽を唱え、周の文王が本文を記し、孔子が解釈書をまとめたとされていますが、あくまでも伝説であり、歴史的事実ではないといわれています。

「周」王朝の時代(紀元前1046年頃 - 紀元前256年)、易経(えききょう)は、「周易(しゅうえき)」と呼ばれ、易占いの原典ともなっています。
書物としての歴史は大変古く、エジプトのパピルス文書と肩を並べる東洋最古の書物です。

かつての人々は、この「易」を使って、あらゆる変化の法則を解き明かそうとしました。
人間を含め、すべての根源は宇宙の大局のもとにあり、その大局の変化によって自然界が変化していくと考えた。

易は、自然界の変化の形を8つのシンボル「天・沢・火・雷・風・水・山・地」分けさらに、この組み合わせ64の「卦」によって、森羅万象、宇宙の法則を明らかにしようとするもの。

そのとき物事がどのような状態にあるのか、
今がどういう時期なのか、何に気を付けて、どんな姿勢でいるべきなのか―
哲学的に、実践的に、深い示唆を与えてくれる、叡智の占い。

占うべき事柄を心に念じつつ、未来の運命を探るべく卦を立てる。
そこに表われる結果は、偶然ではなく、必然の暗示となるのです。

スイスの精神科医・心理学者カール・グスタフ・ユングは易から「シンクロニシティ」(共時性)なる考えを生み出した。

個人鑑定のお申込みはこちら
▲ページのTOP